設計管理の流れ

設計事務所ってどんな仕事?仕事を頼むとどんな流れ?
そんな疑問をお持ちの方に、設計を委託してから建築が完成するまでの流れをまとめました。
一般的なケースであり、条件や仕様又はご要求によって変わりますが、参考までに一般的な流れと考えてください。

  1. ご相談

    メール・電話・FAXなどでお気軽にご連絡下さい。
    新築以外でもリフォーム、土地の利用方法や選定などのご相談もお受けしております。
    ご連絡をいただいた後、直接お会いして建物の計画、ご要望や条件を伺います。

  2. 基本計画と提案

    ご要望や条件から実際の敷地を見て、現地調査を行い、法令チェック及び役所等の調査を行い、設計条件をまとめます。
    設計条件をもとに計画案を作成し、提案いたします。提案内容についてご意見を伺いつつ基本的な計画を作成します。

  3. 設計監理契約

    計画の概要が了解された上で、さらに設計を進めていくために設計監理契約をお願いします。

  4. 基本設計

    打合せを重ねていき、具体的な平面プランを作成し、建物の形や外観を決定していきます。外観については、外観イメージ図や模型、施工例を参考に検討します。
    この基本設計で建物の中の人の動き、部屋の関係性、レイアウトが決まり、使いやすいかどうか、採光・風通しがよいかなど、全てが決まります。
    また、必要に応じて概算見積を行い、大まかな工事費を確認し、計画内容、予算の調整を行います。

  5. 実施設計

    基本設計が決まれば、実際の工事や工事見積に必要な図面(設計図書)を作成していきます。より細かい詳細計画や仕様、設備関係について打合せを行い、設計を進めます。
    イメージと現実とのギャップが少なくなるように、打合せだけではなく、ショールームを見学してもらい、必要性があれば建築の実例も案内致します。

  6. 確認申請・その他申請

    建築に必要な確認申請を役所または民間検査機関へ行います。また、用途や条例、その他必要な手続きを行います。

  7. 工事見積、施工業者の選定

    設計図書をもとに施工業者に図面を渡して、工事見積りを依頼します。基本的には3~4社の合見積りです。もし推薦する業者がいれば参加させますし、特命が希望であれば特命にします。ただし、コストを落とすことを考慮すれば、合見積りをおすすめします。
    各業者からの見積り内容を審査し、適正なコストを把握します。さらに予算調整を行い、予算が折り合えば業者を決定します。

  8. 工事請負契約・着工

    業者を決定しましたら、業者との工事請負契約です。この段階で支払い方法や工期を打合せし、いよいよ着工となります。

  9. 現場監理

    現場監理は、設計図書通りに工事を進めているのかを確認します。それと同時に工事の工期も把握し、遅れるようなことがあれば調整します。設計の段階では図面の上での判断になり、実際のイメージが掴めていないことがしばしば有ります。そこで現場においてもう一度一緒に考え最後の決定をします。もし変更があれば、工事費の調整を含め対応致します。
    現場打合せは、週一回の定例打合せを基本とし、各種検査の立会い及び監理を行います。

  10. 竣工・引き渡し

    建物が完成したら、完了検査申請を役所または民間検査機関へ行い検査を受けます。また、建主様、監理者、施工者のそれぞれで竣工検査を行います。そして、手直し工事を行い、完了しましたら引き渡しとなります。

  11. 一年点検

    新しい建物で春夏秋冬、1年間の季節が過ぎましたら点検を行い、調整及び補修を行います。木製の建具などは、どうしても湿気・乾燥により狂いが生じやすいため、必要なところは調整します。

  12. 一生のお付き合い

    できれば建物を通して、一生のお付き合いをしたいと思っています。そのような人間関係が結べれば最高ではないでしょうか。

ページ上部へ